だしのご購入はこちら

味も見た目も健康にも◎ 便利すぎる味噌玉の作り方と保存法

170328_weck

お湯を注ぐだけで一人分の味噌汁が簡単にできるので、忙しい朝に大活躍!味噌に粉だしや乾燥タイプの食材を混ぜて丸め、一つずつラップにくるんで保存できる「味噌玉」が、ここ数年注目を集めています。これまでお弁当のお供やアウトドアシーンでインスタント味噌汁を使っていた方も、持ち運びが簡単&かわいい味噌玉なら塩分を気にせずに“おいしいお味噌汁”が作れますよ♪

170328_misosiru▲お椀に「味噌玉」を入れてお湯を注ぐだけでOK

「味噌玉」の基本的な作り方

本格的なあじわいを手軽に
味噌玉(1個分)

170328_misodama5

【調理時間】

1分

【材料】

170328_zairyo
・お好みの味噌 小さじ1/2
・『博多の幸 うまだし』(だしパックの中身) 小さじ2/3 
・乾燥タイプの食材(ワカメ・油揚げ・わけぎ・白ごまなど) 適量

【作り方】

1.ラップの上に味噌と『博多の幸 うまだし』の袋をやぶって中身を出したものを入れ、よく混ぜる。
混ざったところに乾燥タイプの食材を入れてさらに混ぜ合わせ団子状に丸める。
170328_rap

2.ラップの口をしぼってできあがり! 
170328_misomaru1

3.熱湯150mlを注ぐだけで、簡単に味噌汁ができます♪
170328_oyu

【ポイント】

★うまだしを使うことで、だしの香りと風味をしっかりと味わえるため、味噌は少なめでOK! 
★持ち運ぶ場合は、ラップの口にカラーゴムやマスキングテープでかわいくラッピングを♪ マスキングテープには、味噌玉に入れた具材を書いておくと便利。
★完成した味噌玉をオーブンで焼くと、より香ばしい味わいに!

「味噌玉」の保存法と保存期間

170328_weac▲ガラスの保存容器でおしゃれに♪ 製氷皿もおすすめです

〜冷蔵保存の場合〜
容器に入れ、およそ1週間保存可能。冷凍に向かない食材が入っている場合は、冷蔵庫で保存して早めに使い切りましょう。

〜冷凍保存の場合〜
容器に入れ、およそ1カ月保存可能。冷凍しても味噌は固まらないので、すぐに使えて便利です。

材料を切ったり味噌を溶いたり……。意外と時間のかかる味噌汁も、これなら簡単にできちゃいますね! 一度にたくさん作り置できるのも嬉しいポイントです。今回ご紹介した具材のほかにも、乾燥豆腐・乾燥ネギ・とろろ昆布・ごま・油揚げ・あおさ・桜エビなどもよく合いますよ(保存がきく乾燥タイプか天日干ししたものを使用してください)。味噌やだしの量をお好みで調整して、オリジナル味噌玉を作ってみてくださいね♪

  • 味香りともに濃厚な
    うまだしの基本タイプ

    写真:博多の幸 うまだし パッケージ

    博多の幸 うまだし

    240g(8g×30包入)

    だしを購入する

  • 塩分30%カットの
    減塩タイプ

    写真:博多の幸 減塩うまだし パッケージ

    博多の幸 減塩うまだし

    200g(8g×25包入)

    だしを購入する

  • うま味たっぷりで
    美味しい無添加タイプ

    写真:化学調味料無添加 うまだし パッケージ

    化学調味料無添加 うまだし

    200g(8g×25包入)

    だしを購入する

  • 9種類の国産野菜をギュッと凝縮
    野菜ぶいよん

    写真:野菜ぶいよん パッケージ

    野菜ぶいよん

    100g(5g×20包入)

    だしを購入する