だしのご購入はこちら

うまだし活用で簡単に!運動会やピクニックにも役立つ「お弁当レシピ」まとめ

うまだしおにぎり

国産厳選だし素材を使用し、たった1〜2分煮出すだけで本格的なだしを取ることができる「博多の幸 うまだし」。だしには塩・砂糖・醤油などで下味がついているので、味付けが驚くほど簡単! 和風だけでなく、洋風にもアレンジできちゃうんです。毎日のお弁当はもちろん、お子さんの運動会や遠足・ピクニックなどの行楽にも役立つこと間違いなしですよ♪

「お弁当レシピ」をカテゴリ別にご紹介

ごはんもの

だしパックの中身を混ぜるだけ!
うまだしおにぎり
うまだしおにぎり

【調理時間】
3分

【材料】(おにぎり4個分)
・白ごはん 2合分
・「博多の幸 うまだし」 1包

【作り方】
1.白ごはんに「博多の幸 うまだし」の中身を混ぜ合わせる。
2.好みの形に握ってできあがり。

だし香る酢飯で食欲アップ
サラダ巻き
63.jpg

【調理時間】
10分(浸水・炊飯時間を除く)

【材料】(2〜3人前)
・「博多の幸 うまだし」 1包
・焼きたらこ 適量
・米 2合
・酒 大さじ1
・寿司酢
酢 大さじ3
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1/2
・海苔 3枚
・レタス・かに風味かまぼこ・アボカド・卵焼き・マヨネーズなどお好みで 各適量

【作り方】
1.米は洗って少しかための水加減にし、「博多の幸 うまだし」だしパックを袋ごと、酒を入れて浸水(30分以上)させて炊く。
2.炊けたらだしパックを取り除き、寿司酢を加えてさっくり混ぜて3等分にする。
3.焼きたらこやレタスなどの具を用意する。海苔の上に寿司飯を広げて具を並べ、棒状に巻いて仕上げる。

メーン〜肉料理〜

面倒な下味をうまだしで!
鶏の唐揚げ柚子風味
06.jpghttp://www.umadashi.jp/recipe/recipe-06/

【調理時間】
30分

【材料】(2〜3人分)
・鶏もも肉 1枚(400g程度・一口大に切っておく)
・「博多の幸 うまだし」 1包
・酒 大さじ1
・柚子こしょう 小さじ1〜3(お好みで)
・卵 1個
・片栗粉 適量

【作り方】
1.ボウルに卵を割り入れ、「博多の幸 うまだし」の中身、酒、柚子こしょうを入れてよく混ぜる。※柚子こしょうは溶けにくいので、よく混ぜてください
2.(1)に鶏もも肉を入れてよく揉み込み、20分ほどおく。
3.(2)の鶏もも肉の汁気を軽く切って片栗粉をたっぷりまぶしつけ、180度の油でからりと揚げる。

食感が楽しい“しっかり味”の肉巻きです
たけのこ明太の肉巻き照り焼き
14.jpghttp://www.umadashi.jp/recipe/recipe-14/

【調理時間】
20分(冷ます時間を除く)

【材料】(2人分)
・辛子明太子 80g
・ゆでたけのこ 150g
・豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 120g
・片栗粉 適量
・サラダ油 適量
・木の芽 適量
・だし汁(水800cc:「博多の幸 うまだし」1包の割合で煮出したもの) 400cc
・醤油 大さじ1
・みりん 小さじ2
・砂糖 小さじ1
・水 大さじ2

【作り方】
1.ゆでたけのこは「博多の幸 うまだし」のだし汁、または調味しただし汁で10分ほど煮てそのまま冷ます。
2.(1)に切り込みを入れ、食べやすい大きさに切る。
3.(2)の切り込みに辛子明太子を詰めて豚肉を巻く。
4.表面に片栗粉をまぶし、サラダ油を馴染ませたフライパンで表面を焼き、調味料を加えて絡めて出来上がり!

青じその彩りも◎
ささみのうまシソ揚げ
20.jpghttp://www.umadashi.jp/recipe/recipe-20/

【調理時間】
10分

【材料】(2人分)
・「博多の幸 うまだし」 1/2包
・鶏ささみ 4枚
・青じそ 4枚
・片栗粉 適量
・レモン 適量

【作り方】
1.鶏ささみは筋を除いて1枚を4等分ずつに切る。「博多の幸 うまだし」の中身を揉み込み下味をつける。
2.青じそを半分に切って(1)に巻き、片栗粉をまぶして揚げる。
3.お好みでレモンを添えて完成。

メーン〜魚料理〜

アルミカップを使って小分けに
鮭ときのこのパスタグラタン
鮭ときのこのパスタグラタンhttp://www.shokutu.com/info/recipe-detail/recipe-741/

【調理時間】
10分

【材料】(アルミカップ10個分)
・「博多の幸 うまだし」 1包
・鮭切り身(薄塩) 2切れ
・しめじ 1/2パック
・エリンギ 1本
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1かけ
・ピーマン 1個
・バター 大さじ2
・小麦粉 大さじ1
・水 200cc
・牛乳 500cc
・白ワイン(または酒) 大さじ1
・スパゲッティ 120g
・ピザ用チーズ 適量

【作り方】
1.鮭は皮・骨を除き、ひと口大に切ります。きのこは食べやすい大きさに、玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切り、ピーマンは1cmの角切りにする。
2.フライパンにバターを馴染ませ、鮭の表面を焼いて取り出す。残った油で玉ねぎ、にんにく、きのこを炒め、しんなりしたら小麦粉を振り入れ、軽く炒める。
3.粉っぽさが消えたら分量の水、牛乳、白ワイン、「博多の幸 うまだし」の中身、乾燥したままのスパゲッティ(長さを1/2に折る)を加える。
4.スパゲッティのゆで時間を目安に、やわらかくなったら、焼いた鮭、ピーマンを加えて耐熱の器に入れる。
5.チーズを散らし、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。

彩りおかず

レンジでできる緑色の簡単おかず
箸がとまらない!うまピーマン
170107_pimanhttp://www.umadashi.jp/recipe/recipe-982/

【調理時間】
5分

【材料】(2人分)
・ピーマン 5個
・しめじなどお好みのきのこ 60g
・「博多の幸 うまだし」 1/2包
・ツナ 1缶
・オリーブオイル 小さじ1

【作り方】
1.ピーマンは種をとって細切りにする。
2.きのこは食感を残すために厚めに切る。
3.ツナは油を軽く切る。
4.耐熱容器に(1)~(3)とオリーブオイルを入れ、500Wで3分温めます。
5.軽く混ぜて完成。

根菜で栄養もたっぷり!
かぼちゃとごぼう牛肉のだしきんぴら炒め
161222_kabocyahttp://www.umadashi.jp/recipe/recipe-950/

【調理時間】
10分

【材料】(4人分)

・かぼちゃ薄切り 1/4個分
・牛肉薄切り 300g
・ごぼうささがき(水煮) 1袋
・「博多の幸 うまだし」 1/2包
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・ごま油 適量
・しょうが・にんにく・唐辛子 お好みで

【作り方】
1.かぼちゃは薄切りにして、レンジに2分ほどかける。
2.牛肉は食べやすい大きさに切る。
3.フライパンにごま油を熱して、しょうが・にんにくを炒め香りをだす。
4.牛肉・ごぼうを入れて軽く炒め、酒をふる。
5.かぼちゃを加えて炒め、「博多の幸 うまだし」の中身をふりかける。
6.みりん・醤油を加え、炒め煮にする。
7.水分が飛んだら、お好みで唐辛子をふり出来上がり。

甘いおかず

お弁当に赤色の華やかさを♪
さつまいもの甘煮
32.jpghttp://www.umadashi.jp/recipe/recipe-32/

【調理時間】
30分

【材料】(2〜3人分)
・だし汁(水800cc:「博多の幸 うまだし」1包の割合で煮出したもの) 200cc
・調味料
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
・さつまいも 2本
・レーズン 50g
・ゆずの皮 適量

【作り方】
1.さつまいもは皮を1cm幅間隔で縦にむき、2cmの輪切りにして水にさらしてアクを抜く。
2.鍋にだし汁と調味料を合わせ入れ中火で煮立て、さつまいもとレーズンを入れて煮汁がほとんどなくなり、照りがでるまで煮る。
3.最後にゆずの皮を飾る。

「うまだし味噌玉」で味噌汁も手軽に!

170328_weck

ここ数年注目を集めているのが、お湯を注ぐだけで味噌汁ができる味噌玉。インスタント味噌汁を使っていた方も、塩分を気にせずに“おいしいお味噌汁”を味わえます。お湯をポットやタンブラーなどに入れて持ち運べば、お弁当のお供やアウトドアイベントで大活躍しますよ〜♪
作り方はコチラ♪

  • 味香りともに濃厚な
    うまだしの基本タイプ

    写真:博多の幸 うまだし パッケージ

    博多の幸 うまだし

    240g(8g×30包入)

    だしを購入する

  • 塩分30%カットの
    減塩タイプ

    写真:博多の幸 減塩うまだし パッケージ

    博多の幸 減塩うまだし

    200g(8g×25包入)

    だしを購入する

  • うま味たっぷりで
    美味しい無添加タイプ

    写真:化学調味料無添加 うまだし パッケージ

    化学調味料無添加 うまだし

    200g(8g×25包入)

    だしを購入する

  • 9種類の国産野菜をギュッと凝縮
    野菜ぶいよん

    写真:野菜ぶいよん パッケージ

    野菜ぶいよん

    100g(5g×20包入)

    だしを購入する